高野歯科医院(福島県伊達市保原町)

ハブラシ

 
 

あなたのお口にピッタリなハブラシは?


 ハブラシといっても大きさ硬さなどがいろいろあります。
 お口の状態や歯ぐきに合わせて、自分に1番合ったものを選びましょう!


〜選ぶときのポイント〜
    (1)形態が真っ直ぐ
    (2)ストレートカット(毛先が平面)
    (3)ヘッドが指の第一関節くらいの長さ
    (4)毛が3列(ヘッドが大きすぎると奥歯が磨きづらい)

〜交換時期の目安〜
    ・毛が広がってきた(ヘッドの後ろから、広がっている毛先が見える)
    ・使用して1ヶ月程度過ぎたもの

 
 


《ハブラシの名称》
 20080305102524.JPG
 ☆ヘッド…歯を磨く、頭の部分
☆グリップ…ハブラシを持つ部分



当院では、これらのハブラシをおススメしています。


◆タフト24(一般成人用)

 DSC_7494.JPG
 
☆ソフト(S)普通の硬さ・・・一般的に使用されている歯ブラシ
☆ミディアムソフト(MS)少し硬い・・・歯肉が厚い方
☆エクストラスーパーソフト(ESS)やわらかい・・・歯肉や粘膜の清掃、
                                                                          マッサージ
(義歯を装着している部分や、手術後の歯肉)



◆#231ミクロデント(一般成人用)
 DSC_7515.JPG
 ☆歯肉が薄い方
☆少しやわらかめなので歯肉を傷つけにくい



◆タフト20(混合歯列用)
 DSC_7518.JPG
 DSC_7557.JPG
 
☆乳歯から永久歯に生え変わる時期のお子様に (6〜12歳)
☆毛が柔らかめなので、お子様が力を入れて強く磨きすぎてしまっても、
   歯肉を傷つけにくい
☆成人用よりヘッドが小さいため、子供の小さな口にも入れやすく、
 永久歯より小さな乳歯も磨きやすい



◆タフト17(乳歯列用)
 DSC_7522.JPG
 DSC_7561.JPG
 ☆乳歯の生え初めから、永久歯と生え変わり始める時期 (1〜6歳)
☆タフト20と同様に、毛が柔らかいので歯肉を傷つけにくい
☆さらにヘッドが小さくグリップも短いため、小さなお子様の歯も磨きやすい



◆PHBブラシ
 DSC_7512.JPG
 
☆手術した部分(歯肉)の清掃に
☆毛が非常にやわらかいため、手術した所以外の歯を磨いても汚れは
   落とせません



 ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■
 色や形など目を引く商品がたくさんありますが、
 見た目を重視するのではなく一人一人のリスクに合った
 ハブラシを歯科医師や衛生士などの専門家と
 一緒に選びましょう!!!
 ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■